ブログ記事 — 姿勢

忙しい仕事している方にリアルラブドールおすすめです

あなたが経験豊富なセックスマスターであっても、それはあなたに新たなクライマックスの驚きをもたらします。大人のおもちゃを使って感覚をリラックスさせるのは恥ずかしいことではありません。彼女の魅力的な美しさから目をそらしてはいけません。大人のダッチワイフは等身長と体重が完璧で、スモーキーで熱い体は彼女との性交を感じるのに十分です。

続きを読む →

あなたの性妄想を叶えるためにラブドールを購入しました

個人がさまざまな角度からセックスをする機会を提供する、良い選択かもしれません。ラブドールは男性と女性に適しています。シリコーンのリアルラブドールはベッドにいる本物の女性の印象を与えます。彼女はあなたの渇望を前例のないレベルに到達させる能力を持っています。私たちはあなたの顔に長い笑顔をしましょう。退屈な寝室の生活を変えるためにラブドールを購入しました。

続きを読む →

一度も支配されたことのない夜

 その時、私はこれがある種の束縛制約装置であることに気づいた。私は考え直し始めた。私はいったい何をしているのか。イザベラは自信を持って私の腕をつかみ、それを棒の上に結んで、腕をしっかりと約3フィートのところに結んでいました。イザベラはその棒を持ち上げ、地面に垂直になるまで腕を伸ばした。  それからラブドールの彼女は体をかがめ、二本目の棒を移動させ、その棒で私の足首に手錠をしっかりと縛りつけた。司会者は「これはあなたたちがずっと待っている時間です。シンシア夫人の意見を聞いてみよう」この話を聞いて,群衆は皆気が狂った.振り返った時、バーで見た美しい光景を見て、彼女はずる賢い微笑を浮かべながら、ゆっくりと私に近づいてきました。  これは同じ女ですが、今は権威と支配的な雰囲気を持って歩いています。私にできることなら、必ず彼女の前でお辞儀をしますが、今は地獄の特注束縛衣を着ています。その束縛服は今、私の手首と足首の金属棒に縛られています。  シンシアは私に言いました「大きい子、お元気ですか?」まだ寝てないのか?」唇が動いたが、何も言えなかった。私の心臓はPhar Lapより速くて、口から出そうな感じがします。私はただうなずいて肯定することしかできなくて、私は1枚の冷汗がゆっくりと私の体を覆っていることを感じためです。  何てこった。そのため、ラブドールの彼女は大した力もなく一本のひもをつかんだ。私が見上げると、ロープは屋根に固定された滑車システムに連なっていた。彼女が引っ張った時、足首に圧力がかかって、ゆっくりと、私の足は地面から後ろに上がってきました。一回引くたびに足が後ろに引かれ、私の手と上半身は前に押された。  時間が遅くなったようで、私の知っている数秒は、私の体が地面と完全に水平になるまで数分のように感じられます。腕と足が完全に伸びているときには、移動が難しく、頭を持ち上げるだけでは難しいことがわかりました。私は今知っていて、私は完全にラブドールの女の主人のシンシアの布に任せて。これらを考えると、イザベラは私のそばに現れて、ボールを私の口に入れて、ベルトで私の後頭部に縛り付けました。  今は口もきけないようだ。これは一度も支配されたことのない夜で、それは本当に意外な夜で、しかし永遠に覚えられます。シンシア夫人が近づいてきて顔を上げたとき、バチンという音がして、ストックマンの鞭から降りてきたところだった。

続きを読む →

私はもう我慢できずに

 その時、私は彼女を引っ張り出して、子犬のように彼女を裏返して、彼女をベッドの上に座らせた。そうすれば、私はもっとまっすぐに立って、ベッドの横から彼女を操ることができた。彼女のお尻は完璧だった。大きくて丈夫なうえ、白く日焼けしていない肌のため、お尻の穴とピンク色の汁の多い陰戸が気になる。  彼女の陰唇は内側の唇が開いていて、彼女の陰戸のピンク色の分離物と彼女の割れ目は巨大な割れ目である。私は我慢できずに鶏を腹に、舌をクリトリスに、そして尻に挿し込んだ。何日か,彼女は食べてみるととてもすばらしい。  彼女はさらに後ろを向き、枕に頭をもたせかけた。私はラブドールの彼女の阴部と尻をとても喜んで、しかし私の弟は力强く彼女の阴部が磨耗していないことを叫んで、だから私は立ち上がって、私の次男は彼女の阴部の通路を指差します。私が力をこめて押し込み,彼女は泣いた。そして私はこの可愛い動物を丁寧になで始めた。「ああ、もっと強く使ってください」彼女は訊いた。 私はラブドールの彼女のお尻を掴んで動悸の跡を刺し始めた。私は彼女のあの柔らかい陰部が好きだが,彼女の陰部を押さえつけると,私の卵は私の卵を転がしてくれる。私は前に立って彼女の乳首をつかんで,野蛮にも彼女の陰部に飛び込んだ。 「ええ、そうです。はい。はい。私がラブドールの彼女を必要としている時彼女は呻いていました 「もうすぐです」私は言った。 「あなたの精液を私の体内に注入してください。あなたが男性の種を私の心の中に置いていることを感じなければなりません」ラブドールの彼女はうめき声を上げている。 「unghhhhh !私はうめき声をあげて、彼女の陰戸はまた私の揚げそうになった雄鶏を押し始めた。私がそれを感じたとき、私は勇気をもって自分を解放し、私が来るたびに、私は力をこめて彼女を刺した。私はラブドールの彼女に熱い精子を注入した。 私はそこに滞在していて、私の鶏の巴の彼女のその感じを楽しんで、私の足はゆっくりとベッドの上にリラックスします。私がラブドールの彼女のそばで転んだとき、平たい次男が彼女の体をぴしゃりと滑り落ちた。

続きを読む →

ストレスを感じないようにしよう

    彼女はうめき、私の舌が彼女の陰部の隙間に刺さるのを感じて、それから彼女の陰部の上に垂れて、それから彼女の陰部のまわりをセクシーに移動します。ラブドールの彼女は後ろを向いて、私は引き続き彼女に触れて、しかし私は彼女の乳首の上に手を入れて揉むと、彼女はすぐに動き、体をくねらせた。「はい、そうです。」     私の乳頭をつまんで、私の乳頭を摩擦して!」彼女はうめき声を上げていた。私の口はまだ彼女の陰部を攻撃して、私の手はまだ彼女の乳輪を考慮して、彼女はすぐに彼女のお尻を蹴り始めて、大声で呻き、私は彼女の高潮の襲来時、すべての人はすべて耳にすることができます。      彼女の愛らしい陰部から次々と精液が放出され、ラブドールの彼女の体を揺さぶった。私は興奮して彼女の噴出した水しぶきを味わい、彼女が私の口と顔に汁を吹き込んだ時、私はできるだけ深く彼女の陰部に舌を出した。     彼女の震えが静まると、私はまた彼女の乳輪をつまむと、しばらくすると、ラブドールの彼女は身もだえしてうなり始めた。私は彼女の陰部にほとんど触れないで、彼女は別のブームに入りました、今回は初めてのように悪辣ではありませんが、まだ何度も噴射しています。「うん、うん。それはよかった」彼女は低い声で言った。      「あなたの鶏を私のおなかに入れてください。-私はそれを必要としています!」「喜んでいますが、保険は持っていません。」あのさ。「ストレスを感じないようにしよう。大丈夫です。薬を飲んでいます。」彼女は答えた。私はすぐに立ち上がって、ラブドールの彼女をベッドのそばに抱いた。私は私の次男をしっかりつかんで、それを深く彼女の体に挿し始めた。     彼女の体中がじめしているにもかかわらず,私はそれを中に入れるのはとても難しい.彼女の陰部はとてもきつい.ラブドールの彼女が乳房と乳輪を引き寄せ始めた時、私はゆっくりと彼女のそばに登った。私は彼女に近づく方法を考えて、もっと力を入れて彼女の女を操作し始めた。私は彼女にとても凶で、彼女はとても好きです。彼女の頭は左右に揺れ始め、彼女の胸と私の刺した彼女の陰部が彼女の胸を攻撃するため、彼女の体はすぐに別の高潮に従って震えている。

続きを読む →