黄昏と欲望

2019年8月26日

 黄昏が迫る。彼女は立ちあがり,面倒くさそうに立っていた.彼女は私たちを早く行かなければならない。彼女はこんなに長い時間をかけて私と「何もしない」と準備していない。少なくとも、彼女は何かをしたいと思って。私と彼女をはかりに乗せて、誰が誰に愛を持っているかを決めて、疲れてまた眠いが、ラブドールの彼女の香りは私の感覚を呼び起こしました。彼女は口を開けて深くキスしたいと思って、私は彼女にあげました。その二つの唇を離すのは難しい。私たちは努力して2つの口の中で最も良いものを吸います。

 彼女は私の顔を抱えて,適当な位置に座って物を見せてくれた.彼女は私のひげをなでて、私は彼女の指の柔らかさを感じました。ラブドールの彼女は私に耳打ちをして、私はただ1種の感じ、彼女の言うことではありません。彼女はすでに私のふさした胸に登った。下を見ると,彼女はしっかりした次男に出会った.でも帯がきつくて。私は彼女の悲鳴が聞こえて、彼女は私のペニスをしっかりつかんだためです。

 彼女は本当に泣いたが、泣かなかった。彼女は全力で私にキスをして、彼女は私のジーンズを着て、ついにそれを脱ぎました。彼女が見つけたあの楽器はちょうど彼女のために十分だ。彼女は口を開け、優しく私のペニスを唇になびかせた。私はただ彼女の声の中でゆっくりとうめき声を感じて、彼女の唇が私のペニスの上で震えているようです。

 私はラブドールの彼女の頬を抱いた。彼らはとてもすべして、私の指は絶えず滑ります。私は胸に移動して、好きな丸い楽器に移動しました。彼らは難しい。エリナは地狱を経験している。彼女はもう話をしない。彼女のうめき声は力強いものになった。彼女はまだ彼女のゆるいブラジャーを着ている。しかし私はまだ彼女を連れて行っていない。彼女は悲鳴をあげながら、私の肩を一つの要求通りにたたいた。彼女は文句を言い始め、私の手を胸から離した。彼女は抗議していると思っている。「正直者よ。

 彼女は私の手をラブドールの彼女の穴に引っ張ってきた。これは小さいです。私は私の次男が突き抜けることができるかどうか分からない。同情します。彼女はまだ若い女の子だが、彼女は彼女のウェブサイトでとても熟していると言っている。エベナはずぶ濡れで膝まで濡れていた。彼女は請願を始め、私は抗議した。

 彼女は運を試してみたが、やはり成功した。私のペニスを彼女の穴に挿して。じめしていたが、その中の真珠が熱くなっているのを感じた。彼女は私と格闘を始め、彼女の体と叫びで熱望していたのだが、彼女が私を抱いている姿を見て、彼女は私を放してくれるとは夢にも思わなかったからだ。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。