性愛人形のいくつかの最も奇怪な用途

2019年8月20日

    いかだに使われた人形はオーストラリアで、一人の男と女は洪水で溺れています。彼らはインフレート人形で川に浮いていた。州緊急サービス部門は直ちに電話を受けた。人形をなくして,女は1本の木に登って彼女の命を救った.この事件から、警察は性人形には様々な用途があることに気づいた。ぬいぐるみラブドールを衣服の材料にしている-人々はインフレートの人形を使って雨よけの服を作っている。オランダの芸術家であるSander Reijgersはこれらの人形を回収して服を作っています。

     第二次世界大戦中に梅毒を予防するために使われたラブドールが「ボルヒルダ計画」を起こした理由である。これは極秘の計画で、この計画の下で、彼らは金髪碧眼のラブドールを作って梅毒を制御した。だから、私が言いたいのは、性感染症を防ぐために、昔からダッチワイフが使われていたということです。ダッチワイフをスキューバダイビング4にします。スカイダイビングのパートナーとして使われるセクシーな人形ビアンカはラブドールです。ビアンカは人間の彼氏とスカイダイビングに行って、クロスカントリー旅行をした。

 駅の周りはごった返していて、空腹の客や地元の人たちに手製品、旅行記念品、おいしい食べ物、軽食を売っています。私はシギの滝まで25分しかかかりませんでした。私が歩いている時、私は私が見た灯明節の写真を思い出して、世界各地からの人々が見学に来て、彼らの秘密の希望と願望を1つの中国の提灯に書いて、彼らは空に釈放します。

 有史に載ろうとしていたセックスロボット妓楼は、15.5万ドルの募金目標を達成できなかったことで失敗を宣言した。イヴのロボットの夢は、世界初の一貫性に重点を置いたロボット妓楼になると、創始者であるole ronは想像していた。しかし、彼女がこの合弁企業にしたキャンペーンは、15.5万ドル(12.3万ポンド)の目標で2659ドル(約1%)しか得られなかった。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。