ラブドールのリアリティ

2019年8月5日

 アドルフ・ヒットラーが、親衛隊の創造的なラブドール関係を命じ、恋に落ちることを防ぎ、アイランのスーパーレースに参加する資格のない人たちと性関係を発展させたという話もある。それが本当であれ、彼らの人気は急速に第二次世界大戦が终わってから、ますます复雑になっていきいきとしている。人々のために彼らの性的な趣味のラブドールを设计して、世界の多くの人と社会との相互作用の问题、あるいは写真家、あるいはただあなたの平均的なジョーがメモリの中で爱する人を失った。

 人々が人工的な愛や友情に目を向けるのには多くの理由がある。実際には、すべての人が自分の人形を持っている人間と性的関係を持つというわけではありません。ペニスや膣がなくても、それらのラブドールはパートナー、さらには主人/パートナーの装飾品でもあります。近年、アジアにおける性的関係の重要性について多くの議論がなされ、事実関係を歪めた点も多い。日本では、性生活をしていない人に亲しみを与える役割にほかならない「亲しい店」/「亲しい店」が広がっている。同じような用途である場合もあります

 興味深いことにシンシア・アンモヤは人工的なセックス人形と膣に関する博士号を完成させましたなぜこのような事態になったのか、ダッチワイフの重さの考え方から、男のオナニーや精神的喜びの方式に至るまで、4人に1人の女性が浸透的な性行為を通じてクライマックスに到逹できると評されている。女性が人形を買ってくれないという意味ではなく、それと性的関係がなかったという意味だ。


 一般的な見解とは違い、性行為の人形を持つ人は普通の人が多く、性行為のラブドールを持つことは何かの障害があるということではない。事実、他のいかなるその他の人を伤つけない性行为のように、根本的な障害はなくて、このような性行为が个人の生命を消费して、そして1种の诊断されるオタクにならない限り。より正確に言えば、セックス人形を持っている男性は、人間的なパートナーを必要としないという理由で、デイビッド・カーターの言葉を使えば、有名なアイドルファンだ。
 
 「ラブドールは不快な性質を持っていない。それは有機的で血と肉を持った人間が持っているものだ」。合成物はいつまでもあなたに嘘をついたり、あなたをだましたり、批判したりしない。
 
 社交障害のある人にとっては、生命の中で愛を失った人にとっては、パートナーを好まない人にとっては、これらのラブドール関係は輸出を提供し、そうでなければ人間の相互作用に取って代わるだろう。また、権力関係にまで及ぶと、その関係は依然として個人が支配する。そしてフェミニズム的な考え方を問題にするときこの話題は敏感な領域であります。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →