孤独と心理の健康を助けることができるラブドール

 私達は史以来最も革新的な世紀の20年に入ったばかりで、私達の意識は毎年発展しています。世界はコンピューター化しつつあり、私たちの日常生活の多くの方面にもっと際立った率直さと向上をもたらしています。いずれにしても、この世界のつながりはます深くなっているにもかかわらず、落胆はその最も危険な反応の一つである。

 落胆は、記憶能力や基本的な指導力を制限するような、鎮静的な虐待、エッチな習慣など、他の友好的でない問題を引き起こしているようである。それにもかかわらず、事態は変化しており、これらの問題はより多くの注目を集め始めている。最近、イギリスの首相テレサ・メイ(esa May)が、このような問題に対処するために牧師(トレシー・クロッジ)を選んだ。メンタルヘルスの透明度を中心に、高度なニーズをどのようにして自然化していくかについて、多くの議論が行われています。

 この中で、私達は重要な関係の渇望は信じられなくて、それは常にすべてを圧倒して、私達に不安と圧力をもたらします。私たちが他人と疎遠になるという恐怖は、私たちをさらに現実的ではない状態にしてしまうことになります。その恐怖は、ラブドールまさに落胆の根源になっています。なぜなら、公衆は私たちにさまざまな要求を与えているにもかかわらず、私たちは他人から独立しているということで気まずくなってはいけません。

 私たちのオンラインレビューは何百万人もの人に読まれることができますが、私たちはまだその人を誘って出る自信がありません。私たちは自分のために完全にコンピューター化した生活を主宰することができて、しかし自分は1種の本当の公共活動が欠けていることを感じます。関係連合はさらに長くなりたくなく、分離は社会全体に影響を及ぼしている。現在,リンクは瞬間をとらえるための決定要素として表現できるので,重要な関連を位置づけることは不思議ではなく,理解しにくいタスクである可能性がある.

 逆に、私たちはオープンな生活やインターネットだけでなく、自分の理解に重要な役割を果たす必要があります。あなたの職業が忙しいのも、活気に満ちたモーメンツも、信じられない時間に広い感情を持っていて、同様に孤独を感じるのも簡単です。それがあなた自身の意志と精神力が重要な意味を生む可能性が少なく、その点では確定性と社会能力が発達するのではないかと考えています。