ラブドールは出生率の災難を引き起こす可能性があるって

2019年8月1日

 ある専門家は、ロボットのラブドールは出生率の災難を引き起こす可能性があると警告し、孤独な日本人男性は伝統的な2つの関係を放棄して、人工知能の彼女を選んだのだと警告した。日本人が「絶滅危惧種」になるのではないかと心配する人が増えているため、赤ちゃんの出生数が減少するにつれて、このアジアの国の人口は急激に減少している。2018年、日本では約92.1万人の赤ちゃんが生まれ、2017年に比べて2.5万人減少した。

 日本の役人は、これは1899年に記録があって以来の最低レベルだと言いました。その年に約130万人が死亡し、人口が50万人近く激減したことを意味します。ロンドン国王学院(King’s College London)社会と文化人工知能上級講師、この分野のトップ専門家であるKate Devlin博士は、セックスロボットが危機を助長する可能性があると警告した。ドブリン博士は「日本のような国では、ラブドールがもっと悪いことになるのではないかと心配されています。

 孤独は深刻な社会問題だからです」と「デイリー星報」と言いました。「今では人工知能の彼女がいる。「女性向きのロボットのラブドールを買うことに興味を持っている男性にとっても、彼らはパートナーを探しています。」昨年、RTテレビで「代替品」というドキュメンタリーが放送され、セックスロボットの増加傾向が明らかになった。人間の大きさの愛の人形がいかにして「民族の孤独と疎遠さを助長しているか」に注目している。

 ラブドールは日本独自の現象ではなく、世界でもラブドールの売り上げが急速に伸びている。ぬいぐるみ会社「オランダの妻」によると、2017年だけで日本は2,000台のポルノ機器を販売しており、1台あたり4600ポンドで販売されている。性人形販売員の田中伸男さんは、「すごいですね。「人形のように見えますが、本当に生きているような気がします。「あなたが妻とセックスをするとき、何か問題があるかもしれません。ラブドールがあればどうでもいい」東京NLI研究所の人口統計学専門家の天野加奈子氏は、「日本の最大の問題は出生率と人口の低下です。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →