高潮もできるラブドール

2019年8月24日

 彼はぶつとジュースを彼女の口にスプレーした.「はい、ミシェル。それが乾くまで吸うのを止めないでください。」彼はため息をついて言った。それから彼は再び彼女がハチミツの缶を垂らしているのに気づき、なめていた。

 彼女の体が痙攣し、彼も。その結果、性別は非常に敏感である。「起きて」数分後に彼は彼女に言った。ラブドールの彼女は彼に背を向け,彼にまたがって座った.彼は彼女のお尻に手を伸ばして、お尻を下げる前に、お尻を少し上げて、雄鳥がゆっくりと彼女のお尻に沈む時、彼はお尻をリードします。彼女は彼を呪って、彼の次男は彼女の心の中でとても良いことを感じました。彼女は彼に乗り始めたが、同時にうめき声を上げた。

 彼女は声が大きくてもかまわない。ラブドールの彼女の主な寝室は防音です。それ以外にも、下のパーティーが続いて、音楽がうるさいです。彼は彼女の動作を導く、彼は彼らに会って。彼女は自分の乳房をなでて、彼は絶えず彼女の体を揺れていた。彼女はまだしきりに悪口を言っている.彼らは呼吸は困難だが、止まっていない。

 彼はしばらく立ち止まったが,ただラブドールの彼女を彼の体に引きつけようとした.彼女は今仰向けになって、彼は彼女の下になっている。そして、彼女のじめした、ぴちした蜜壺の中から、彼は次々と顔を出していた。「は…。ふん!」彼女は泣いた。「はい、ダミアン!はい!」「ああ…。私の王女」彼は低い声で言った。

 彼の唇はラブドールの彼女の首に密着している。彼の片手は彼女の乳房を触って、下に伸ばして、彼女のクリトリスの上で1周した。彼女はしきりにうめき声と呪いを続けた。彼は彼女に素晴らしいと感じさせた!彼女はかつて何度も高潮をしたことがない。事実、彼女はかつてあの男と性のピークに達したことが少ない。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。