二つのブログとニュース、ラブドールについて、その3

2019年5月22日

今は日本と中国で人気を集めている「ラブドール」。値段が高いなシリコンで作られたラブドールは、本当の肌の感触と大差なく人気が高まっている。最近では、恋人形を対象とした売春宿がバルセロナにオープンし、「欧州初」を试みることが话题になっている。イギリスの新聞「The Sun」など多くのメディアがこのニュースを報道しました。

スペインのバルセロナにオープンした「ルミ・ドールズ」はその名の通り、ラブドールだけが客をもてなす独特の売春宿です。

 店舗のサイトでは4つのラブドールの紹介を紹介していますが、ヨーロッパ系のキティちゃん、アフリカ系のレイザさん、アジア系のリリーさん、日本の「初音ミク」系のコスプレイヤー・亜紀さんの4人の中からお客様の好みのタイプを選ぶことができます。

 これらのラブドールは“熱可塑性エラストマー(Thermo Plastic Elastomer)”という優れた加工特性と弾力性のある高分子の素材で作られており、その触感は本物の人間とは違っているという。

あのサイトによると、「好きなタイプの服を着てもいいです」と紹介されています。そのため、店側は「すべての肉体の柔軟性を体験することができ、個性的な体験ができるお客様に満足します」と話しています。

news.com.auの報告によると、バレンタインデーにかけた費用は「115ドル(約1万3000円)~ 160ドル(約1万8000円)」。「ルミ・ドールズ」は「コンドームを付けてもらっている。また、使うたびに抗菌のアルカリを使ってラブドールの体を消毒しています。」徹底した衛生管理を心がける。

いくつかの欧米のメディアでは、「中国と日本の家族から离れて、単身赴任生活の夫たちは、妻に浮気を与えないため、こっそり持ってラブドールの事例が増えている」とし、「the sun』によると、ラブドールが一つの価格は1まん万2000ポンド(约168まん円)のために、孤独を発散するため、安く买うものは绝対にない。しかし、実际、このラブドールは今年も各地で人気が高まっている。

去年の11月、オーストラリアのある女性が「デズモンド」と命名されたモデル人形を相手に送ったというニュースが報じられた。また、中国には家族として7体のラブドールとして暮らしている亲子もいる。これらは、生きている人间と自分より问题の少ない无机质な人形やロボットがライバルとなっている时代に変化していく社会生活の一例といえる。

 

ある男は、ラブドールが妻として生きている。

最愛の妻を亡くした高齢の男性は、1カ月後にこっそりとダッジワイフを買った。その男は「かわいい妻かと思って、このダッチワイフを抱いて寝ていた」。彼は妻の顔だけを求めて、人形にも彼女の服を着せました。日本円に換算すると約24万円かかります。しかし、そのラブドールはセクシーな下着も着ていません。ファッション的に見ても、「随所に見られるカジュアルな女性」の雰囲気で、性欲のある淫乱な雰囲気を感じさせません。

この男性は2015年9月に购入したダッチワイフで、妻に赤いカーディガンなどのお気に入りの衣装を着用させ、颜を追いかけ、夜は抱きしめて眠りながら日々を过ごしていたという。メディアのインタビューで、彼はこのような自分についてこう述べた。

「多くの患者を治療してきたが、一番好きな妻が膵臓癌という難病に命を奪われました。

医者といえども、これはとてもつらいことだ。妻の死を乗り越えることができなかった」と話した。

「写真では妻のことが見られますが、灰になりました。しかし、妻の魂はこの人形に宿る。この子を離せば、妻の魂は消える。私の家に連れて一緒に過ごしたいので、買うことにしました。

しかし、購入後半年では、ダッチワイフの関節が緩み手足がおかしくなり、暖かいヒーターの温度調整ができなくなりました。この男性は現在、「品質が悪い」として訴訟を起こしています。最初は、もっと品質が良いダッチワイフを買わないことが後悔した。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →