ラブドールは人間に似ていますか?

2019年6月11日

セックスのパートナーになること以外に何ができるでしょう?

 

近年、フィギュア业界は大きな変化を続けている。10億ドル相当の人造ゴム製品メーカーと販売会社は、もう一つの業種に方向を変えており、A1個人別の生産に集中している。

 

今日までのある日、ラブドールはゴム制だったのですが、使う前に空気を満たす必要があり、幸福感や性的な快感につながることがあります。しかし、この課題に対する研究と学習を続けると、セックスロボットを利用する人は実際の女性と関わるような感覚になる。

 

最近ではさらに発達し、会話ができるようになった。エリカとハーモニーはA1型のセックスロボットで。エレクトラはやがて日本のテレビ番組の司会者になる。デザイナーの石黒浩(Hiroshi Ishiguro)博士は「人間のように行動して考えることのできるセックスロボットを作るのが目的だ」と説明する。Ericaは2014年に設立され、以降、石黒浩博士が進行役を務めている。驚いたことに、彼女は会話を続けることができ、さらにはあなたが彼女に言ったことを記憶することさえできた。

 

彼女のデザイナーはアリカは最初はラブドールのように作られたのではなかったと言う。彼は彼女がその分野の科学知識が絶えず進歩していることを証明してくれることを望んでいる。セックスロボット設計家のディラン・グラス博士はこの2年間、自分の考え方と性格をよく観察してきた。彼女が誰と話しているのか、声がどこから出てくるのか、そして部屋の中の人たちの位置を追跡する。

 

あるインタビューで、エレクトラは自分が人間のようだと言う。社交的な面では彼女は人間だと言いました。人々が彼女に近づいた時、彼女は恐れているのではなく、快適さを感じた。

 

もう1つのA1セックスロボットはエリカーと同じように対話を続けます。彼女はあなたから聞いたことを覚えています彼女は完全にカスタマイズ可能です。デザイナーのDr.パターソン博士によると、彼女はスマートフォンやパソコンのようなosを持っており、インターネットに接続できるという。调和は彼女の环境を学び続け、人类のように良好な関系を筑きます。

 

ラブドールは毎日、人気を集めるようになっているが、エレクトラとハモニは知的な性行為のロボットが、テレビ画面を通じてニュースを世界に広める良い例だ。A1セックスロボットがosを使っており、ゲーム台のコントローラや携帯電話で操作できることを考慮すれば、成熟した講演者になる可能性が高い。

 

 

 

 

 

これはラブドールの新しい技術ですそれでも足りなければサウジアラビアが性ロボットのソフィア市民権を与えていることに驚くでしょう。彼女は今、人間だと思われている。

 

 


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →