よく言われているラブドールのTPE材料は何ですか?

2019年5月8日

TPEはThermoplastic Elastomerの略語です、分子式はC26H20、環境によってゴムであったりプラスチックであったりする性質を持つ樹脂のことです。この材料の応用範囲はとても広い、スポーツ器材、医療器材、航空用器材によく使われる。TPEは熱可塑性材料のひとつ、環境にやさしいの特徴がある。まだ、TPEは無毒無害、食器にもよく使われます。 
ではTPEとシリコンと比べるのは、なんの相違点があるのか?まず、TPEとシリコンの分子構造が異なる。シリコンの分子主鎖はSIO2構造、TPEの分子主鎖はCC構造であり。どちらの分子構造もとても安定です、シリコンは豊胸手術でよく使われる。シリコンに非常に近いTPE材料は人体にとってはとても安全です。TPEそれ以外に、TPEはシリコンより、リサイクル可能の利点がある。シリコンとTPE、どちらもエラストマーである。TPEは可塑性がもっと高い方です、TPE製造のラブドール、弾性力はシリコンで作られたラブドールより高いです。TPEラ製ブドールは引っ張りやすく、そしてドールの修復も簡単です。つよい弾力性のおかげて、TPE製のラブドールやリアルドールは人間にできるあらゆるポーズや姿勢ができるです。故にTPE製の成人用品やラブドールは、体験はもっと気持ちいい同時に、もっと人気があります。 
生産面からするとは、熱可塑性エラストマーは生産コストと生産工程などのメリットがある。価格帯が低い 素材そのものの価格帯がシリコーンゴム等の素材に比べて安価であるため、コスト削減につながります。製造工程が少ない架橋が不要であることなど、製造工程が少なくなるため生産性が向上し、エネルギー消費も抑えられます。 TPEは伝統的のPVC材料が加工しやすいという特徴を受け継いだ。いろいろな手早く加工できる線材に作ることができる、例えばイヤホンの線材とコンピュータの線材。TPEはSEBS線材に基づいて、アンチエイジング性、耐候性に優れ、マイナス50度までソフトで快適な手触りを保つことができます、固くなりません。 
今の成人用品ラブドールは、シリコンとTPE材料で作っているのは多い。TPE材料の触りは人の肌により近い、まるで本物の肌です。そのため、TPE材料はシリコンより傷つきやすい、だから大切するに限る。まだ、TPE製のプロダクトはもっと安い。TPE製造ラブドールの肌触りは一番良い。TPE製のラブドールの肌、顔、肢体や胸はふわふわしている。その触り心地はとても気持ちいい、これはTPE製の成人用品はなぜ大人気の理由の一つ。現在販売されているラブドールはまだシリコンが主流です、しかしもうすぐにTPEが主流になります。 
なおまた、TPE材料の耐熱度はシリコンよりも低く、高温にならないように注意して保管してください。とは言え、一般的には、TPEや他のシリコンラブドールを買った場合は、ほどんと高温に近いことはありません、少しだけ注意すれば問題ないです。部屋で遊ぶ分には「暖房器具のそばに置かない」位で大丈夫ではないかと思います。 
TPEで作られたラブドールは、一つ重要な利点がある、それは匂いは全然なくなるであり。シリコン製のラブドールはほんのりした匂いがするかもしれません、でもTPEで作られたラブドールはこの状況はほどんとない。買ったばかりの時は少し匂いがあるかもしれません、でも匂いは時間が経つにつれて、だんだんなくなてしまう。 
以上のように、TPEの商品はたくさんのメリットがあるので、TPEを使ったラブドールも主流になってきている。この新しい材料はだんだん他の分野の重要材料になって、その発展の将来性はとてもひろいです。

この投稿をシェアする



新着順 →