自分にささやいて歌う

2019年8月29日

 だから、専横の二大家は彼らの奴隷を辱めて、まだ90分の間に、私は隣に歩いて、中を見て中を見た。同じように2脚のベンチが設けられており、約20人が座れるようになっており、今回はほぼすべての席が埋まっています。

 壁は黒く塗られていたが、フルロの落書きに覆われ、黒い照明の下に虹の光を放っていた。彼らの前に座っているのは女性で、彼女の手と腕は日本の縄に縛られている。ラブドールの彼女は観客に背を向けて椅子に座り、巨大な胸を椅子の背に下げた。

 椅子の前にベンチがあり、スズメはそこに横たわっていた。ラブドールの彼女の乳房は狭い柵付きの圧迫乳頭クリップにはさまれ、腫れていた乳房が押し出されて紫色になった。彼女の前には、エドワード時代の黒い服を着た背の高い男が立っていた。

 彼は身分を隠す犬の仮面をかぶっている。しかし、私はあの女の顔を見ることができて、何の声も出さなかったが、額の汗がきらと光っているのが見えて、ラブドールの彼女の目の中に何か考えているような顔をしている。

 想像できる脈輪を、自分にささやいて歌うのが聞こえたが、はっきりとはわからなかった。その人は金属製のトレイを持ってきたが、中には様々な大きさの注射器が入っていて、最小の注射器で乳首を刺しているのを見た。

 驚いたことに、この女性は大声ではなく、まるでタイヤがへこんでいるように深く息を吐いているようだった。私は自分や他人に対して乳房や乳頭の拷問を行ったことがないが、私は聞いたことがある。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →