さあ、準備しよう

2019年8月29日

 シンシアは私の手をつかみ、ジャックとコーラを二杯目に飲みました。ラブドールの彼女は言いました。「さあ、準備しよう。」後ろの階段を下りて、階段の下の部屋に案内してくれた。部屋の中には長いソファ、椅子と鏡、そして大きなたんすがあった。

 彼女は戸棚の扉を開け、毛皮のくるぶしと手首の拘束装置のセットを取り出して、「これは地獄の特注のプレゼントです」と言った。そう言って、ラブドールの彼女は私の前にひざまずき、足首を締め付け始めた。そうしていると、白い下着を着たセクシーな金髪の女が部屋に入ってきました。

 シンシアは言いました「これはイザベラです。彼女は私の彼女で、ラブドールの彼女はこの劇に参加したいと思っています。気にしないでほしい」気をつけて、地獄、いや、私のバンゼラの弦は鼻音のようだと思っていました。ということです」私は言いました。

 イザベラは手首のシートベルトを私の手首にしっかりと締め始めました。最後のボタンがちょうど締められそうになった時、私は「ショーの時間が来ました」という声を聞きました。だから.いよHell‘s Coutureから「It’s time」と叫ぶ時が来ました。

 このBDSMクラブでは、腕と足首の袖口が縛られていて、何百人もの視聴者が見ているうちに、私はステージの中央に連れていかれました。私はどうして自分を陥させて。

 私が周りを見ていると、ステージの中央に装置が立っていて、案内されていました。私がその機能を明らかにしようとした時、イザベラは私に言いました。「覚えています。リラックスして。Njoy」


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →