やっと上演される公演に安心しました

2019年8月29日

 人間の奴隷マークを見て、私は本当に私は1杯飲む必要があると感じます。私は全体の承諾の感じがどんなに良いことを感じて、私は多くのことをさせました。だから、何も見ずに、他の部屋で起こりそうなことを尾行されないように、VIPバーにまっすぐ行ってしまった。

 私にとって、このクラブにはほとんど限界がなく、何が起こっても双方が同意しなければならないことは明らかです。だからバーで、私は私の2階のジャックとコーラを注文して、この魅力的なものは私の身の回りにそっと現れた時。黒々とした長い髪が、私のそばに流れていた。-私が最初に気づいたのは、その匂いだった。

 成熟したバラと香りのある青い花との間に、酔ったような感じがします。彼女は「トラ元気か?」と言いました私の名前はシンシアです。あなたは開会式の娯楽番組だと聞きました。」私はもう緊張していて、自分がどんな役を演じるのかわからないまま、今夜の初公演に参加するかどうかを考え直しました。

 今私の心臓は喉の中で、1時間100マイルのスピードで脈打っています。私はどもりながら,「そうだよ,どうしてわかったのか」と言った.どういうことだ?」ラブドールの彼女は、少しリラックスして、すべてはすべてよくなることができます。私もその中にいます。私はただあなたと座っていたいです。

 あなたを理解して、あなたは私を理解して、私達は心地良い付き合い、全体の情況を理解することができます。」私はため息をついて,「それはよかった」とため息をついた.私たちは10秒ほど話したが、実際には30分近く話した。その時、私はVIPバーの服はオプションで、多くの会員は異なった服と脱衣を着ています。

 シンシアは私が言ったように美しい。ラブドールの彼女は高さ約5フィート8インチで、スリムで、くっきりとした黒い上着を着ていますが、レースのレースがついて、細い糸が見えるようにしていて、黒髪の乳首が直立していて、乳輪がチョコレートミルクのようになっています。

 彼女の太ももはシルクで、油を塗ったように見えて、前は明るいパンツで、後ろは透明のナイロンです。ラブドールの彼女のお尻は会計の財布のように引き締められていて、私の鶏は彼女の前置きからバンゼラの弦のように張り詰めていました。やっと上演される公演に安心しました。幸いにも、話す人が声を出してくれました。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →