ラブドールとダッチワイフどのいくつかの趣文

2019年5月17日

ラブドールとコスプレゲームをするのは、面白いことです

ラブドールの良さは、私たちの要求を決して否定しないことです。普通の女性にコスプレを頼むのは难しいですね。

言われても断られたときの一喜一忧は嫌いではないでしょう。人形については、これはまったくありません。

どんな服装でも自由です。ラブドールには、自分には言えない趣味や秘密を全部受け入れることができる。

リアルドールは一般的には美しい。美しいものを対象にしたいのなら最高のパターンです。

ラブドールに通して、撮影の技術を鍛錬することもできます

カメラを手に入れて、ラブドールの写真を撮るのも楽しい。好きなポーズでいろいろ写真を撮りましょう。ビデオのように持ち出しにくいけど、家の中でも素敵な写真が撮れるよ。

でも、ラブドールが本当に生きているような生き生きとした素敵な写真を撮ったときは、とても嬉しかったです。

カメラの扱いや写真の撮影が上手でなくても結構です。自分に合った写真を収集する様々な構造を試してみましょう。振り返ることができます懐かしさを感じることができます。

ラブドールは元々男性の性欲を満足させるためのもので、最先端のシリコン素材で作られている。彼女は、昔はただ一种の悲しむ「ラブドール」だったが、今はその开発技术が芸术の境地に达し、特に最高级の素材で作られたラブドールは、まるで本物の女性の美しさのようだ。

愚痴もわがままも、浮気をしない永远にきれいな女性は、自分だけに忠実な人……。10月10日からユーロ圏を抜け出して选ばれた『ラブドール 抱きしめたい!』は、男性の愿望の结晶とも言える「ラブドール」の魅力を堪能した作品です。

また、最近では、男性によってのモデル、女性用の人形が開発されています。たしかに人形だったら、いつまでもひもじいことはなく、男女とも恋人同士に限らない时代が来るかもしれません。

昨年公开された『ラースと、その彼女』(07年)や、9月26日公开された『空気人形』は、いずれも映画の题材となっている。映画監督のタナダッシュの初の長編小説「ロマンスドール」で、主人公の職業は「ラブ人形職人」。

 オーストラリアのビクトリア州のアラゴ川下流で2人の若者が救われた場面があった。

どうやって命轮の代わりにダッチワイフを川に浮かべ、浊流がダッチワイフに溺れるとは、これほど情けない事态に近いのか。しかし若者の意义は不明の無謀な遊びは、警察や救急车にもあきれていたということです。

现地时间1月16日16时30分ごろ、19歳の男女が空気をふくらませて女性に模备させた人形、つまりダッチワイフを1体ずつ川下りし、ちょうどトンネルに差し掛かった辺りで女性が持っていたダッチワイフが手を離れてしまい、濁流に飲まれてしまったそうです。

彼女は幸い近くに浮かんでいた木に掴まれ、助けを求めた。男は激しい吹雪に捕まって近くに浮いていた。幸いにも通りがかりの人が警察に通報し、カヤックにいた人が救命胴衣を貸して危機を脱した。

現場に到着した警察と救助隊員は2人を救出したが、オーストラリア東部の広い範囲で洪水が発生し、ビクトリア州周辺だけでも少なくとも50人が救助された緊急事態になった。「この愚かな行動は笑って許してはならない」という警察の一人のコメントが出た。

本当に救助が必要な人が多いときは、このような騒ぎを起こして、救助队员は若者たちを本当に难しいことだと思っているのではないでしょうか」。

救助された若者2人は救急隊員の身体検査を受けたが、病院で治療を受ける必要はないと考えた。本当の用途以外で使われていたダッチワイフの行方は、最后まで谁も知らなかった。

洪水になったとはいえ、安全でないゴミが救命ボートとして洪水に使われているなんて、理由がまったく考えられない……。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →