ラブドールとダッチワイフについての雑談 その1

2019年5月16日

ダッチワイフ、この単語はよく言われっている、多くのひとに対しては、それはラブドールと同じの意味があるものだ。でもラブドールとダッチワイフはしょうしょう違いがあるます。本文は、これらの点について、すこし討論しています。
一つの点は、材質や素材の品質は大きい違いがあります。ダッチワイフというものはプールや海水でよく使われるビニール浮き輪というものは同じだ。隙间のシロが外に飞び出し、抱っこしても皮肤からチクチクと痛みます。品質不良もあり、最初から気が抜けます。少し体重をかけて少し息をつける。数千円はすぐにゴミになるわけだ。この点について、ラブドールに対してはクッション素材のものもあります。ラブドールの材質や素材は、ダッチワイフと比べるのは違いがあります。一番高いレベルの骨格構造にシリコンやTPEなどの材質でつける。この程度にしたら、ラブドールはダッチワイフより、リアル女性の触りにどんどん近くなる。
それ以外に、コスプレの楽しみは、ラブドールに通して知る。女性のコスプレ、男性としたのは、誰にも見たいだろう。以前のダッチワイフには、その体型の原因で、コスプレにはほとんどできないことです。今のラブドールは、こんなができます。ラブドールのボデイは本物の女性とそっくりだ。多くの人は、ラブドールにコスプレをさせることが多い。こうしたら、ラブドールの別の楽しみを感じる。これもラブドールが人気になる理由の一つ。
今のラブドールは、全身のラブドールだけてはなく、半身くらいのタイプなどの、さまざまなタイプがあります。ダッチワイフには全身しかいないものだ。ラブドールはリアル女性のボデイを再現している。腕だけて売れることもあります。こうすれば、ラブドールの収蔵はしやすくなる。あるときには、さすがに全身モデルは場所を取るため極々一部の愛好者にだけ購入されています。
ラブドールとダッチワイフの違い点はもう一つがある。ラブドールはオナホールを変えることができます。その利点のおかげて、ラブドールはさまざまなオナホールで楽しめることができます。ダッチワイフには、一体になりますので、清潔ことさえにくくなる。ダッチワイフのオナホールをクリーンアップことはめんどくさい。好みのオナホールを使う射精後は取り外して洗うことも衛生的です。ラブドールはこのデメリットがない。それにもっと気持ちいいオナホールを使うことができる。それはラブドールの楽しみの一つである。

この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →